ホーム » 審査要項 - 浦安合気道 | 富木流合気道道場

審査要項

  • 八級
  • 七級
    • 八級終了後20時間以上稽古の者
      • 手刀動作(七本)
      • 前方回転受身(片膝立)
      • 逆構え片手取り-相構え当て
      • 逆構え片手取り-引き倒し
      • 逆構え片手取り-転回小手捻り
  • 六級
    • 七級終了後20時間以上稽古の者
      • 前方回転受身(立位)
      • 後方両手取り-逆構え当て
      • 相構え片手取り-脇固め
      • 半座半立逆構え片手取り-転回小手返し
  • 五級
  • 四級
  • 三級
    • 四級終了後40時間以上稽古の者
      • 座技 正面打ち-押し倒し順手取り小手捻り抑え二通り左右(4本)
      • 基本技 手首技
      • 小手捻り抑え、小手返し、転回小手捻り、転回小手返し(4本)
      • 投げ技-投げの形表技7本(後の先の崩し)
      • 基本の「つくり」
      • 当身技-本体の「つくり」(5本)
      • 関節技-握り返し上段の「つくり」(4本)
  • 二級
    • 三級終了後60時間以上稽古の者
      • 座技 正面打ち-押し倒し手首抑え二通り左右(4本)
      • 基本技 浮技
      • 前落とし、隅落とし、引き落とし(3本)
      • 投 げ 技 投げの形裏技7本(後の先の崩し)
      • 基本の「つくり」
      • 当身技-勝機の「つくり」2本(正面当て相構え当て
      • 関節技-握り返し下段の「つくり」(4本)
  • 一級
    • 二級終了後60時間以上稽古の者
      • 基本技-乱取基本技17本(徒手にて)
      • 基本裏技
      • 当身技の裏5本
      • 脇固め押し倒し、下段当て、相構え当て、転回小手捻り)
      • 関節技の裏5本
      • 押し倒し、転回小手捻り、小手返し、脇固め、転回小手返し)
      • 基本の「つくり」
      • 当身技-勝機の「つくり」3本(逆構え当て下段当て後ろ当て
      • 関節技-肘持ちの「つくり」
      • 上段2本(順手取り、逆手取り)
      • 下段2本(順手取り、逆手取り)
      • 乱取法体捌き二通り 無手無構え→手刀使用(両手)ソフト刀使用

※基本の「つくり」の方法は必ず左右を各2回づつ繰り返し行い、 2回目は「掛け」まで連続して行うこととする。


一般有段の部

  • 初段
    • 一級終了後100時間以上稽古の者
      • 古流護身の形(座技4本、半座半立技4本、立技8本)
      • 乱取基本技17本(ゴム刀使用)
      • 短刀返し技10本
      • 短刀掛かり稽古、引き立て稽古
      • (女子部及び壮年部は取りのみとし、他の部は全て各2分交替にて1本づつ行う)
      • 乱取の留意点:当身技は的確に勝機を捕えて掛け、関節技は十分に相手を作って掛ける。